GOODHILL コンテンツヘッダーロゴ

SHOP NEWS

工場見学 in グッドヒル
UAゼンセン大阪府支部 第5地域協議会 御一行様

先日行われたグッドヒル本社工場の見学の様子をご紹介します。
この度は UAゼンセン大阪府支部 第5地域協議会 御一行様にお越しいただきました。

グッドヒル代表取締役社長 吉岡 秀樹 歓迎の挨拶
UAゼンセン大阪府支部 第5地域協議会 櫻井議長
グッドヒルの歴史を説明する霜村組合長(右)と中居書記長(左)
資料にてグッドヒルについて知って頂きます
最初はパンツ課から見学
UAゼンセン鳥取県支部 北畑支部長(一番右)
このマシンは自動でエレベーターを使い生地を運んでくれる優れもの(自社開発)
お預かりしている原反(生地)を保管している立体倉庫(管理センター)
日々の入荷状況で適切な数量を現場に投入します
生地にキズが無いかなど生地情報を取得します(管理センター)
1着ずつ違うオーダースーツの情報を管理しています
お客様の服地を1着分ずつ裁断します(裁断センター)
レーザー裁断機
50秒という高速度で裏生地を裁断します
こちらのマシンはギリシャ製ですがコロナで来れないギリシャスタッフに代わり、グッドヒルのエンジニアが組み立てました。
工程の説明をする中居書記長
上衣・ベスト・パンツで390工程のパーツ制作があります(部品センター)
輸送用ハンガーの所定の場所に取り付けられたパーツは、自動的に次工程へ移動します
品質を決める最後の縫製作業です。(組立センター)
個々の素材に適したプレス条件を設定し、手作業のアイロンで入念に仕上げプレスを施します。(仕上物流センター)
最終検査部門では、個別に表示された加工指示書に基づき寸法とデザインを検査します。(仕上物流センター)
合格したスーツは外観検査を行います。このように二重化された検査を徹底し、出荷準備を行います。
最終的に合格した上衣・ベストと下衣を配送先ごとに分別した後、組み合わせます(仕上物流センター)

グッドヒルにはご紹介した写真以外にも様々な部署、工程があります。
皆で協力し、支え合いながらオーダースーツを創っています。

UAゼンセン大阪府支部 第5地域協議会の皆様
グッドヒル本社へお越しいただき、ありがとうございました。

本社工場で作成したスーツはSHOP店舗でご購入いただけます。
店舗で取扱のある生地は2000種類以上。実際に見て触ってご確認いただけます。
ぜひ一度お越しくださいませ。